育児や仕事についてのノート

育児時短勤務中の公務員です。夫単身赴任、双方祖父母遠方ですがなんとかやってます。

1歳0か月の時短勤務とワンオペの一日

あっという間に職場復帰の日が来て、無事仕事がスタートしました。一時間の時短勤務ですが、主に生活面がどんな感じが振り返ってみようと思います。

1日の流れ

06:00 子どもと起床

06:20 朝食 子どもはフリージングしておいたご飯、納豆、ひじき、ゆでキャベツなど

07:00~07:45 身支度したり子どもと遊んだりして出発

08:00 保育園登園

08:30 登庁(朝は定時に間に合うこともありますが、出発に手間取ったり※主に子どもの唐突なうんちとか※することに備え少しだけ短縮しています。)

 

16:30 退庁

16:50 保育園迎え

17:00 帰宅、お風呂にお湯を張りながら子どもとたわむれる

17:30 入浴

18:15 夕食(子どもの食事は朝と似たような感じ)

19:30 子ども就寝

19:30~20:00 最低限の家事

20:00~21:00 自由時間

21:00 疲れ切って就寝

 

体力的には疲れるけれど、一応毎日まわっています。

仕事に復帰してわかったこと

意外と子どもとの時間は確保できる

食事をした後、わりと遊べます。朝起きた後、帰宅した後に、やるべきことをほったらかして抱きしめあう時間もいいものです。

昼間は保育園で見てもらえる分体が楽

もっと疲れるかと思いましたが、育児している時間が減って、昼はデスクワークしている分わりと体力温存できてます。それでも夜には疲れがすごく蓄積しているのを感じます。

外で働くのが楽しい

育児以外の役割があるのが思った以上に楽しいです。このへんは人それぞれだと思うけど。

働くために諦めていること

やっぱりきちんとした料理はできません。フリージングとベビーフードが中心。保育園でバランスとれた給食食べさせてもらっているからいいやと思っているけれど、しっかり手作りしてあげたい派の人だと辛いと思う。

きれいに片付いた部屋で暮らすのも無理です。とりあえずダイニングテーブルやソファのまわりはくつろげるようにしてありますが、テーブルはいつもご飯粒のふき残しでベタベタしています。

不安材料

職場がホワイトな感じなので決まった時間に退庁できていますが、忙しい部署だとなかなか帰れず(といっても帰るしかないのですが)、フォローをお願いしても周囲の人も過労死寸前でフォローしようがない…みたいな職場になったらどうしようと不安です。

子どもはまだ歩かないし、イヤイヤ期も迎えていないのでお世話は比較的楽なのですが、着替えイヤ!保育園イヤ!家にいるのもイヤ!みたいになったら一日まわっていくのかどうか…日々子どもの変化を見極めつつ柔軟に、諦めることは諦めてやっていこうと思います。

いつまで育休とるのか迷っている方へ

1歳で復帰するのは早いかも、とチラッと思ったけど、そんなことは全然ありませんでした。仕事は楽しいし、子どももニコニコと楽しそうに保育園に通っています。もちろん、これって職場が融通きく雰囲気だったことや子どもにあまり手がかからないこと、保育園が家から近くて送迎が楽なこと…という条件があってのことだし、どれくらい働きたいかは人それぞれなので、こうした方がいいよ!と無責任におすすめできるものではありません。やっぱり3歳くらいまで一緒にいた方が幸せ、って人もいると思いますし。

でも、1歳で職場復帰することって辛いだけというイメージに反してすごく楽しいということは書いておきたかったです。育休の期間って、「復帰してみたらしんどかったので再取得します!」というわけにはいかないので決断が難しいけれど、育休イコール可能な限り長く取得することが誰にとっても正解というわけではないので、一つの参考例にしてもらえればうれしいです。